2018年 第73回年次大会

2018/ 3/22(木)-3/25(日) 場所:東京理科大学 野田キャンパス –> 詳細はこちら 当研究室の登壇者・関連演題一覧 森永真央「LHC-ATLAS実験における高速飛跡トリガー(FTK)の初期データ解析と本格運転への展望」 籾山慶輔「LHC-ATLAS実験におけるFTK受信システムの性能評価」 加地俊瑛「LHC-ATLAS実験におけるFTK本格稼働のためのソフトウェア構築現状」 新田龍海「LHC-ATLAS実験Run2における1レプトン終状態を用いた弱ボソン散乱過程の測定」 益田匠 「LHC-ATLAS実験における高運動量h→ττの同定と質量再構成の研究」 田中雅士「ANKOK実験23:気液2相型Ar光TPC検出器による暗黒物質探索」 武田知将「ANKOK実験24:ガス中2次蛍光の検出器内環境依存性」 菊地崇矩「ANKOK実験25:高電場下におけるAr蛍光特性」 木村眞人「ANKOK実験26:高電場下における電子反跳/原子核反跳事象の分離」 竹村祐輝「ANKOK実験27:背景事象の低減と理解」 矢口徹磨「ANKOK実験28:TPCの拡張と今後の展望 」 寄田浩平「気液2相型アルゴンTPC」

2017年度 学位論文

博士論文 飯澤知弥「Construction of the fast track reconstruction system (FTK) at the LHC-ATLAS experiment」 修士論文 竹村 祐輝「ANKOK実験における内部放射線背景事象の理解と低減」 菊地 崇矩 「ANKOK実験における高電場形成と消光因子測定」 益田 匠「LHC-ATLAS実験における高運動量H->ττの同定と質量再構成」 籾山 慶輔「LHC-ATLAS実験におけるFTK受信モジュール運用と機能最適化」 学士論文 青山 一天「ANKOK本実験に向けたAr蛍光の直接及び間接検出手法の研究」 植原 靖裕「LHC-ATLAS実験におけるオフライントラックとFTKトラックの比較」 尾形 暢隆「LHC-ATLAS実験におけるヒッグス-μ粒子湯川結合の測定可能性に関する研究」 平良 文香「神岡地下での液体シンチレータ長期間測定データの解析」 武田 知将「ANKOK実験における2次蛍光量の検出器内環境依存性」 鶴田 亮「LHC-ATLAS実験2017年RUNにけるτトリガーの性能評価」

博士学位取得

本研究室所属、飯澤知弥(D3)が博士学位を取得しました。 おめでとうございます。 学位名:博士(理学) 学位取得日:2017年12月21日 論文タイトル(英文): Construction of the fast track reconstruction system (FTK) at the LHC-ATLAS experiment 論文タイトル(和文): LHC-ATLAS 実験における 高速飛跡再構成システム(FTK)の構築