2010年度 学位論文

博士論文 蛯名幸二「重心系エネルギー1.96TeVの陽子・反陽子衝突実験におけるトップクォーク精密測定と標準模型ヒッグス粒子探索(邦題)」 学士論文 杉田慎一郎「CDF実験におけるH->WWモードを用いた低質量領域でのHiggs粒子探索能力の改善に関する研究」 藤崎薫「液体アルゴンを用いた 2 相型 TPC 検出器の開発研究」 岡本飛鳥「J-PARK K1.1BR 荷電粒子ビームテストにおける 250L 液体アルゴン検出器の性能評価」 飯沢知弥「ATLAS 実験における ttbar lepton+Jets mode を用いた e/μ ID に関する研究」 大矢章晴「ATLAS 実験での τ 粒子を用いたトップ湯川結合測定能力に関する研究」