ACAT2017

新田龍海が国際学会 ACAT2017で口頭発表を行いました。 “Identification of Hadronically Decaying W Bosons and Top Quarks using Multivariate Techniques at ATLAS”

TAUP2017

木村眞人が国際学会 TAUP2017で口頭発表を行いました。 “Status and prospect of the ANKOK project: Low mass WIMP dark matter search using double phase argon detector”

BOOST2017

新田龍海が国際学会 BOOST 2017でポスター発表を行いました。 “Identification of Hadronically-Decaying W Boson Top Quarks Using High-Level Features as Input to Boosted Decision Trees and Deep Neural Networks in ATLAS at #sqrt{s} = 13 TeV”

2017年 秋季大会

2017/ 9/12(火)-9/15(金) 場所:宇都宮大学 –> 詳細はこちら 当研究室の登壇者・関連演題一覧 加地俊瑛「LHC-ATLAS実験Run2における大きなdE/dxを持つ短い消失飛跡探索のための背景事象研究」 新田龍海「LHC-ATLAS実験Run2におけるハドロン崩壊を含む弱ボソン散乱過程の測定可能性」 森永真央「LHC-ATLAS実験における高速飛跡トリガー(FTK)の初期データ解析と本格運転への展望」 木村眞人「ANKOK実験20:電子反跳事象分離能力の理解」 矢口徹磨「ANKOK実験21:本検出器に向けた光学過程の理解」 田中雅士「ANKOK実験 22:現状の課題と今後の展望」