【JPS】2018年秋季大会

2018/ 9/14(金)-9/17(月) 場所:信州大学 松本キャンパス –> 詳細はこちら 当研究室の登壇者・関連演題一覧 青山一天「Ar検出器の大光量化に向けた開発」 奥村健人「LHC-ATLAS実験における高速飛跡トリガー(FTK)の最適化と安定運用」 新田龍海「LHC-ATLAS実験Run2におけるハドロン崩壊モードを用いた弱ボソン散乱過程の測定」 加地俊瑛「LHC-ATLAS実験Run2における消失飛跡探索のための短飛跡再構成の性能評価」 田中雅士「ANKOK実験29:気液2相型Ar光検出器を用いた低質量暗黒物質探索」 鷲見貴生「ANKOK実験30:ER/NR分離能力の評価と電場最適化」 武田知将「ANKOK実験31:電離信号(電子比例蛍光; S2)の基礎特性と利用可能性」 下釜佳大「LHC-ATLAS実験におけるレプトクォーク探索に向けた信号感度及び背景事象の見積もり」

【国際会議】XeSAT2018

早稲田大学で開催されたXeSATにおいて、鷲見貴生、武田知将が二層式アルゴン検出器の研究開発に関して口頭発表を行いました。 鷲見貴生: “Study of pulse shape discrimination and scintillation/ionization ratio in two-phase argon detector” 武田知将: “Study of a secondary scintillation light in a two-phase argon detector”