2017年 第72回年次大会

2016/ 3/17(金)-3/20(月) 場所:大阪大学 –> 詳細はこちら 当研究室の登壇者・関連演題一覧 新田龍海「LHC-ATLAS実験Run2における高運動量W/Zジェット対共鳴探索の感度向上の研究」 下釜佳大「LHC-ATLAS実験Run2におけるdi-tau triggerの性能評価」 加地俊瑛「LHC-ATLAS実験Run2における大きなdE/dXを持つ短い消失飛跡検出器による長寿命荷電ゲージーノ探索」 飯澤知弥「LHC-ATLAS実験における高速飛跡トリガー(FTK)のインストール及び試運転の現状」 鈴木優飛「液体シンチレータを用いた神岡地下における環境中性子測定」 鷲見貴生「ANKOK実験16:
 テストスタンドの増強と基礎特性評価」 中新平「ANKOK実験17: シールドによる環境γ線の低減と内部背景事象の理解」 木村眞人「ANKOK実験 18: 低エネルギー電子反跳事象の理解」 田中雅士「ANKOK実験 19: 質量30kg検出器の構築状況と今後の展望」 猪飼孝「LHC-ATLAS実験におけるτレプトン対に崩壊するヒッグス粒子の質量測定に向けた研究」