2013/06/30

4. ANKOK 実験

 早稲田大学寄田研究室では、2009年8月の設立時から液体アルゴン検出器に関する様々な研究開発を行っており、2012年度より本格的に暗黒物質探索にフォーカスし”ANKOK(Arugon Nisougata Kenshutuki OK)実験”を開始しました。日本で唯一アルゴンを用いた暗黒物質探索で、低質量暗黒物質を狙う世界唯一のアルゴン検出器実験です。これまでに低温・圧力・液面の制御と維持、高電圧印加と電場成形、ppbの高純度 の維持、波長変換材を用いた128nm蛍光の検出といった検出器構成要素開発を確立し、S1・S2信号の純度・電場・粒子種(γ・n)依存性などの検出器基礎特性の理解を進めてきています。

 今年度はBackground事象の詳細な評価や低減、高感度化へ向けた検出器デザイン・小型検出器MPPCの導入や近赤外光の検出など、地上でできるあらゆる研究開発を行い、来年度から予定される地下実験で実際に暗黒物質探索に乗り出そうと計画しています。